10代が終わる

早く楽になりたい

少なくともここ8年間は一日も死にたいと思わずに過ごせたことはないし、手首なんて切りまくりだし、16歳のときには自殺未遂で集中治療室運ばれちゃったし、閉鎖病棟にも入ったし、20の今でも手首だって切っちゃえるし、たぶん楽しいことはあるんだけど結局一…

たぶん私はとてもとても傷つきたかったのだ

社会から逸脱し、世の中の大衆からの薄い支持すら得ることができなかった10代の私は、将来が見通せない暗闇の中で、わずかな人間の強く裏切らない共感を求めた。一般からの支持が得られないと確信しつつも明日が来ることに変わりはない。私は、厭世感を抱え…

しにたい

最初はちょっとした憧れだったのかもしれない。近くの駐車場に止まった車の中で、勃起した男性の陰茎を舐めた。「そこが感じるんだよ」と言われて髪の毛をつかまれ、男性の肛門を舐めた。「もっと舌を入れてくれ」。男性は最後はフェラチオでいった。帰り際…